冷えを防ぐライフスタイル

人の体には熱を作り出して体温を保つ機能が備わっています。作り出された熱を逃さないで上手く使えば冷えを防ぐことができます。服装は薄着、インスタント食品やファストフードが中心の食事、湿気のこもった部屋での生活。こういった状態では冷えを防ぐことはできません。
衣服は、夏には肩・お腹・足元などの冷えやすい部分を冷気から守ること。そして冬には空気の層を作るような防寒対策の服装を心がけましょう。
食事は、温と冷の区別をしっかりと意識した食材選びと調理方法を心がけましょう。更に、赤血球の変形能力に優れた質のよい血液を作るために、ビタミンEを多めに補給しましょう。
住まいに関しては、寒い時期の防寒対策は当然ですが、夏場の時期の冷房にも気を使うように心がけましょう。防寒対策は、台所・洗面所・浴室の水回りは特に寒いですから重点を置きましょう。更に就寝時と起床時に寒さを感じないようにすることも重要です。また、湿気対策を施すことで冷えの予防に繋がります。湿気は、雑菌やウイルスを繁殖させますので、病気予防の観点からも、防湿・除湿に心がけましょう。秋から春先までの乾燥しやすい季節は、反対に室温を適度に保つと、風邪をはじめとする呼吸器系の病気やアレルギー性疾患を予防することができます。
同時に、これらの対策に運動を加えると更に抵抗力や免疫力アップに効果的です。

こういう具合に取り組みしてると体質改善も出来てくるので、一石二鳥ですね。