体質改善で丈夫な歯を作って痩身効果を高める

丈夫な歯は丈夫な体を作るうえでもとても大切なポジションです。
食べ物は最初に歯によって噛み砕かれ消化に回されます。
歯がないと、消化器官に影響を及ぼします。
消化器官がキチンと仕事をしないと体調に影響してきます。
丈夫な歯を作るために、カルシウムは欠かせない栄養です。
カルシウムは吸収率が悪く、体内で貯めにくいので摂り方にはコツがあります。
先ずこまめに摂ること、そしてカルシウムの代謝に必要なマグネシウムやビタミンDなどを合わせて摂ること。
加工食品、特にインスタント食品は極力避けることも大きなポイントです。
次によく噛むこと。先ずは噛む回数をいつもの倍にしてみましょう。
噛むことで唾液が分泌され、自浄作用と殺菌作用で口内を清潔に保つことが出来、虫歯予防になります。
また噛むとあごの筋肉が発達して、成長を促しますし記憶力も増します。
またアゴのラインもすっきりします。
噛む力が強い人は呼吸も充分に出来ます、呼吸が充分に出来るということは酸素を体の中にたくさん取り入れられるという事です。
歯がよくなると姿勢もよくなります。歯が弱いと胃腸が弱くなりますから、姿勢に影響が出るのです。
このように歯はとても大切な役目を果たしています。
食べ物や食習慣を変えて丈夫な歯を作りましょう。

歯のかみ合わせが良くなると、痩身効果もあるみたいです。友人が痩身エステを受けていたけど、私もかみ合わせを良くして試してみようかな。